妊娠初期にあらわれる乳首のかゆみの原因

 

妊娠初期の頃になると乳首のかゆみを感じることがあります。

 

かきたくてしょうがないのですが、更に悪化をするのでできるだけ、触れないようにした方が良いです。他にも妊娠線が心配でマッサージを行っている人も控えた方が良いです。

 

妊娠初期に乳首がかゆいと感じる原因としては以下の3つです。

  1. 乳首の乾燥
  2. ホルモンバランスの乱れ
  3. 乳汁のカス

 

ホルモンバランスの乱れと乾燥は関係している部分があります。

 

妊娠することで女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が異なってくるのですが、その女性ホルモンの関係で肌に変化があらわれます。生理中などの同じ症状ですね。

 

そのため、肌のコンディションは乱れ乳首の乾燥が進みます。

 

乾燥をすることで皮膚は刺激に弱くなり、下着のこすれや紫外線などなどちょっとしたことでかゆみが現れるようになるのですね。また、お乳を出せるように乳腺が発達するようになります。

 

そのため、体の中に乳のかすが溜まったりなどのことがあるのですね。

 

かゆみを止めるのなら

 

この中でも主な原因として多いのが肌の乾燥です。

 

妊娠をすると女性ホルモンの乱れ、ストレスがでてくるので肌のコンディションが崩れてしまいやすい状態となるのですね。妊娠中期ごろになれば妊娠線予防としてマタニティクリームを使って肌を保湿をして弾力を上げるのは一般的です。妊娠と保湿は避けては通れないと行っても過言ではないのですね。

 

乳首のかゆみで悩まされているのなら、乳首ケアクリームが販売されています。

 

刺激を抑えて作られているので繊細な肌にもつけることができるのですね。できればこの症状は早めに改善を行っておいた方が良いです。出産をしてしまうと赤ちゃんに授乳しなければならなくなるので、クリームを使えなくなってしまいます。

 

肌が乾燥しているからとケアをしていると赤ちゃんが口で吸い込んでしまうので駄目なのですね。

 

授乳が始まる前に肌の乾燥を改善させておかないと赤ちゃんの吸う力は強いので痛みを感じることも多いです。出産する前に保湿をして皮膚のかゆみを止めて置いた方が良いのですね。

 

ただ、注意点としては一つありまして、授乳に影響がでたりする可能性もあるので、専門医と必ず相談して利用をしましょう。

 

乳首保湿クリームランキングへ